車 処分 時期

車処分に最適な時期ってあるの

 

最近車を処分しようかなと考えていらっしゃる方は
どれくらいいらっしゃる事でしょう。

 

車を処分しようと思っても、
なかなか処分をする時期はいつ頃が良いかなど悩まれる方も
少なくはないのではないのでしょうか。

 

そこで今回は車を処分するのに適した時期をご紹介していきます。

 

車検

 

車を処分するタイミングとして、
一番わかりやすいのが車検切れのタイミングではないでしょうか。

 

車検が切れると、
車検をしなくてはいけませんし、乗る事も出来なくなりますよね。

 

なので、車検をするとなった時に、
古い車であれば部品の交換などもありますので、
前々から処分しようかなと考えていた方は
処分を考えるような時期になってくるのではないかと思います。

 

課税対象前

 

車検が来るのが分かっていたのであれば、
もっと良い時期があったと思いませんか。

 

例えば車検切れまで乗ると考えられた方の多くが自動車税を収めたはずです。

 

この車税なのですが、
登録自動車(普通車)に関しては月割りでの還付措置が取られていますので、
確かに車検まで乗って、還付を受けると言う方もいらっしゃいます。

 

しかし、届け出車(軽自動車)の場合には月割りでの還付措置はありません。

 

そこで、車検まで乗ってしまうと、
一年分フルに自動車税を納付する事になってしまします。

 

一年間乗らないのに一年分払うとなると勿体なく思えませんか。

 

そこで、税金の課税対象になる前に処分をしておく事で、
税金を支払う必要もなくなります。

 

車検の残りは勿体なくはない

 

課税対象前というと3月までに廃車するなどして処分をしなくてはなりません。

 

しかし車検が半年以上残っていると、
車検の残り分が勿体ないと思ってしまいますよね。

 

しかし、この車検の残りとは勿体なくはないのです。

 

なぜかと言うと、
車検を受けた際の代金のほとんどが税金や自賠責保険の料金になっています。

 

この、自賠責保険や重量税という物は、
廃車などをする事で手続きを行うと還付される可能性があるのです。

 

可能性と言いましたがこれには残りが3か月以上無い場合には
返ってきませんので注意が必要です。

 

更には、単に廃車などで処分をされる方は少ないと思うのですが、
車を処分する際に買い取り業者などを利用すると車検が残っていれば
買い取り額のアップも期待できます。

 

このように3月に車検が残った状態で処分をしても、
還付や買い取り額のアップが見込めますので、まったく損はしません。

 

そこで、車を処分すると決めた場合には、
課税対象となる前の3月に処分をすると良いでしょう。