車 処分 リサイクル

車をリサイクル処分にするのは損!

 

車の処分をする際には最近は、
車両リサイクル法の観点から、
リサイクル費用が必要になっています。

 

基本的には、新車の時にリサイクル費用も払っているのですが、
このリサイクル費用は最後に廃車を行う名義人が負担をします。

 

おや、と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、
基本的にはそうなっているのです。

 

しかし、このリサイクル料金という物は色々な形で受け継がれていくものですので、
仕組みを理解されている方は少ないのです。

 

そこで今回は、このリサイクル料金についてまとめてみました。

 

リサイクル料とは

 

分かりにくい方は家電リサイクルと同じように考えていただければと思うのですが、
車を廃車する際にフロンガスや、その他諸々の部品などを適正に処理し、
積極的なリサイクルへと繋げていくための物です。

 

しかし、廃車するときに払ってくださいと言っても払わない人が多いので、
新車の時にあらかじめ払うようになっています。

 

制度施策前の車に関しては、
どのタイミングかの車検の時に払っているはずです。

 

このリサイクル料金ですが、
先ほど廃車時に名義人となっている方が払う義務があるとお話したかと思いますが、
車を手放した時に返金をされた記憶が無いと思われている方も多いかと思います。

 

その様な方は、おそらくしっかりと説明を受けていらっしゃらないのかもしれません。

 

例えば下取りに出されていた方は、
契約書の下取り料の欄にリサイクル料金と記載されていたかと思います。

 

なのでリサイクル料も下取り価格として計上されているのです。

 

リサイクルをすると損をする

 

基本的に廃車処分(リサイクル処分)をすると損をすると思ってください。

 

どのような事かと言いますと、
リサイクル料は8千円から1万5千円と車両によっても違います。

 

これを自分の名義で処分をしてしまうと返金されず、
結果払った事と同じですよね。

 

廃車時に自分の名前だったという理由でです。

 

これを払わなくてもいい方法があるとしたら、いかがでしょう。

 

買い取りに出してリサイクル料削減

 

廃車時に自分の名前でなければ良いのですから、
買い取り業者に売却してしまえばいいのです。

 

買い取り業者に売却をすると、
廃車をする際にも買い取り業者に一度名義変更後に廃車をします。

 

更に、買い取り業者を競合させる事で、
より高い金額を提示してもらう事ができます。

 

買い取り業者を競合させる場合には、
一括査定を利用する事で一度に査定の依頼ができ、
無駄な時間を必要としませんので楽に高く売却ができます。

 

廃車を考えているのなら一度試してみてはいかがでしょうか。

 

カーセンサー.net簡単ネット査定