転勤 車 処分

転勤になった!車はどうする?処分するべき?

 

年度末などになると、転勤になり愛車をどうするかと
悩まれる方もいらっしゃいますよね。

 

選択肢としては処分するか、
持っていくかはたまた処分はせずに、
実家などに預けるという方もいらっしゃいますよね。

 

しかし、持っていくとなると駐車場などの心配もありますよね。

 

駐車場が付いているアパートなどであれば良いのですが、
別で駐車場を借りるとなると駐車料金も必要になりますよね。

 

しかし転勤というのは、年度末に限った事ではない為、
優良物件が見つからない事もありますよね。

 

今回はそんな転勤が決まり、
車を処分するべきかと悩んでいる方の為に、
処分に関するメリットやデメリットをご紹介いたします。

 

処分した場合のメリット

 

車を処分する際の一番のメリットは
何といっても経費が削減できる点でしょう。

 

経費と言っても様々ですが、税金や駐車料金もしくは車検代、
燃料代、オイルなどの維持費といったところでしょうか。

 

やはり車を所有するだけで年間にかなりの額の費用が掛かります。

 

基本的に、車検代やタイヤ代、税金、月々の燃料を払うと
コンパクトカーでも利用の頻度にもよりますが、
5年で50万円以上の出費になります

 

そう考えると車の維持費が無くなるだけで家系は大助かりですね。

 

車を処分した場合のデメリット

 

車を処分してしまうと、維持費はかからなくなりますが、
公共交通機関の利用頻度が増えてしまい、
時間に縛られての移動を強いられてしまいます。

 

車に乗っていた方であれば、自由に動けなくなったと思われるかもしれません。

 

また、転勤先が都心ならば良いですが、
田舎になると公共交通機関も十分に整備されていませんので、
列車が1時間に1本なんて地域まであります。

 

更にタクシーも午前2時で終わりなどの地域もありますので車が必須の地域もあり、
良く調べてから処分をしなければ、転勤先で不便な生活が町井受けている事でしょう。

 

更には、転勤先から1年から2年で帰ってくるような場合には、
処分をしてしまうと出張から帰ってきてすぐに車を購入するなどで
出費が増える可能性もありますよね。

 

転勤の際には良く下調べを

 

転勤先が決まったらまずは転勤先の下調べと、期間を良く考えましょう。

 

そのうえで、処分しても差し支えが無い場合には、
処分も良いかもしれませんが、転勤から帰ってくる可能性がある場合には
一時抹消をして預かってもらえる場所を探しましょう。

 

一時抹消をする事で税金はかかりませんが、
必要になればすぐに再登録をして乗り始める事ができますよ。

 

差し支えがあればできる限り転勤先へ車を持っていく方法を取ると良いでしょう。

 

このように転勤するから処分をするという選択肢だけではありませんので、
良く考えて処分するようにしましょう。