生活保護 車 処分

生活保護で車処分する際お金をもらう裏技

 

最近は不景気で、仕事が無くなくなるなど、
生活に困っているなんて方も多いのではないでしょうか。
そんな方たちの最後の手段というのが生活保護ですよね。

 

しかしこの生活保護には少々大変な部分もあるようです。

 

例えば、どんな田舎に住んでいてもある程度の収入が得られるようになるまでは
車を所有してはいけないという制約があり、
生活保護を受けるにあたって愛車を泣く泣く手放した方もいらっしゃるのです。

 

考えてみれば、車は昔から贅沢品と言われていますので、
都会に暮らす偉い方たちには田舎で車の無い生活がいかに大変か分かるはずもありませんので、
生活保護を受けるのなら他の贅沢品をまず手放しなさいとなるわけです。

 

しかし最寄りの車屋やディーラーに依頼をすると、
かなりの金額の手数料を請求されていますよね。

 

生活保護を受けている方たちにとって、
車を手放す際に掛かる費用というのは大変辛い物です。

 

 

無料で処分するには、廃車処分を自分ですれば可能です。
最寄りの陸運局へ行き手続きを自分で行えば、
無料で手続きをする事ができるのです。

 

しかし、この手続きが面倒な為、
普通は、車屋やディーラーは行政書士に手続きを依頼します。
ただし、もちろんタダでやってくれるわけもなく、お金を取られます。

 

半分ほどは行政書士に手数料として支払うのですが、
後の半分は行政書士に依頼をしただけの車屋やディーラーが、手数料として取ってしまうのです。

 

よって、廃車処分という方法はおすすめしません。

 

もっと簡単に、かつ無料で処分できる方法が実はあるのです。

 

それは、一括査定に出すという方法です。

 

 

なぜディーラーや買取店に出すのではダメで、
一括査定がよいのでしょうか。

 

ディーラーや買取店でも、車を買い取ってくれます。
しかし、非常に安い金額でしか買い取ってもらえず、
買取価格が0円で手数料を払う始末になることもあります。

 

そもそもディーラーや買取店は商売で車を買い取っているわけですから、
高く買い取る気はないんですね。

 

そこで、一括査定を活用します。

 

一括査定では、一斉に複数の業者に売りに出すため、
買取業者を競争させることができます。
そうすることで、買取価格が跳ね上がります。

 

利用料は無料ですし、
スマホかパソコンで1分程度の入力で終わります。

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

 

もしも処分が必要であれば試してみてください、少しでも高く売って生活を楽にしましょう。