車 処分 税金

車処分で税金を返金してもらう手続きまとめ

 

車に乗っている以上、自動車税が毎年掛かるものです。

 

しかしこの自動車税を払ったものの、
しっかりした手続きをしていなければ、
損をしてしまう事があると知っていましたか。

 

というのも車を処分した場合には、
登録自動車(普通車)の場合は月割りで自動車税の返金を受けられるからです。

 

例えば6月に車を処分した場合には、4月、5月、6月分を通常収めるだけで良いので、
5月までに、一年分の自動車税を納めている場合には、
7月以降に掛かってくるはずだった自動車税が返金されるのです。

 

 

今車を処分しようかなと思われている方が、損をしなくて良いように、
今回は自動車税の返金をしてもらう為の方法をご紹介します。

 

自動車税とは

 

今更ですが自動車税とは何でしょう。

 

自動車税とは簡単に言えば、
今乗っている自動車対して課税されている税金の事です。

 

届け出車(軽自動車)は町単位で、
登録自動車(普通車)は県単位で課税されています。

 

課税の対象となるのは4月1日時点で、登録されている自動車が対象で、
所有者ではなく使用者に対して課税されるものです。

 

この、所有者と使用者は車検証上の所有者と使用者であり、
現在主に乗られている方というよりも、購入した人に課税されています。

 

課税の額は一般的に、乗っている自動車の排気量によって収める額は変わってきます。

 

返金の対象

 

自動車税が返金となる場合の対象としては、
車検証返納証明書や抹消登録証明書が発行されている車が対象になっています。

 

という事は、永久抹消か一時抹消をされた車に限るという事です。

 

因みに、一時抹消か永久抹消をすると自動的に返金がされるので、
他に手続きをする必要はありません。

 

しかし、自動車税が返金されるには条件が他にもあるのです。

 

自動車税を確実に返金してもらう為に

 

自動車はいくら返金があると言っても、
一度収めた税金ですので、勿論返金されない事があります。

 

それは、他の税金を滞納している場合です。

 

というのも、地方税や事業者税といった税金を滞納していると、
滞納している税金に補填されてしまう為、補填した差額が変ええてくる場合と、
若しくは滞納金が多い場合には残額補填に回されてしまい全く返金がされないなんて事も
ありますので注意が必要です。

 

と、注意点をお話しましたが、
基本的に収めるべき税金を納めて、
永久抹消や一時抹消といった手続きをすると自動的に返金される仕組みになっていますので
心配は無用です。

 

稀に抹消証明などを税務署に持参される方もいらっしゃいますが、
そこまでする必要はありませんのでご安心ください。